2018.07.28

【イベント】特別ワークショップ「流れのふしぎを実験しよう」/8月16日

【イベント】特別ワークショップ「流れのふしぎを実験しよう」/8月16日

特別ワークショップ 流れのふしぎを実験しよう

「流体力学」と言うとたいへん難しいイメージを持たれる方も多いと思います。空気や水などの気体や液体のことを「流体」といい、さまざまな不思議な性質を持っています。実は飛行機が飛ぶ原理もこの流体の性質を応用しているのです。

今回は夏休みの特別イベントとして、流体力学の研究・指導で有名な神奈川工科大学の石綿良三先生をお招きし、この流体に楽しくふれる実験ワークショップを行います。

 

1 実施日時

平成30年8月16日(木) 1回目11:30 ~

              2回目14:00 ~ (各回 約45分程度)

2 場  所

展示館内 1階セスナ前広場

 

3 内  容

 空気や水に代表される「流体」。身の回りにあるものを使った実験で、目に見えにくい「流体」を楽しく雑学的に解き明かしていきます。飛行機はなぜ飛べるのか? 野球やサッカーボールはなぜカーブをするのか?・・・すべてはこの「流体」の仕業なのです。難しそうに見えて実は身近な流れ「流体」の謎と原理を楽しく解き明かしてみませんか?

講師:神奈川工科大学教授 石綿良三先生

 

3 料  金

無料(ただし展示館への入館には入館料が必要です。)

 

4 注意事項

・お申込は不要です。お時間近くなりましたら会場にお集まり下さい。

・お身体の不自由な方向けに若干のお座席はご用意しますが、原則として「立ち見」となりますのでご了承下さい。

・当日に限り、常設の「ワークショップ」コーナーは終日休止となります。

 
チラシはこちらからダウンロードできます。