開催中・開催予定イベント

室内飛行機工作講座/9月29日(日)

※この教室は大人・中学生以上の学生さん対象です。

室内飛行機(インドアプレーン)の製作を行う工作講座を開催します。室内飛行機は、超軽量の模型飛行機で、滞空時間が非常に長く、室内を静かに飛行する姿はとても優雅です。
この室内飛行機の第一人者が講師となり、製作・調整を行います。リピーターの方も多い、人気の講座です。

★この講座は、中学生以上の方(中・高生や大人の方)が対象です。


●募集人数: 15名程度(事前申込制)

●開催日程: 2019年9月29日(日)
10:00~14:00(製作)

 ※今回は会場の関係で、テストフライトは行いません。

●申込方法: 8月19日(月)より9月15日(日)までの間、お電話で受付いたします。 電話:04-2996-2225(受付時間:9:30~17:00) ※9月29日の室内飛行機工作の予約とお伝えください。 ●教材費 : 700円 ●製作場所: 当館1階研修室 ●当日の持ち物: ・完成した飛行機の持ち帰り用の段ボール箱。 (1.5リットルの炭酸飲料、2リットルのお茶などのペットボトルが入っている 段ボール箱(8本or6本入り)が最適です。) ・ヘッドルーペなどの拡大鏡(お持ちの方) ・工作の合間でとっていただける簡単な昼食 ●9月の教室の次は12月を予定しています。 ※会場の都合等で変更となる場合があります。

『アンリ・ファルマン機』 公開記念特別展
   所澤飛行場 空を拓(ひら)く ものがたり  を開催します。

 所沢航空発祥記念館では、日本初の動力飛行を記録し、その後日本初の飛行場となった所沢での初飛行にも成功した飛行機「アンリ・ファルマン機」の実機を8月1日より当館にて展示開始いたしました。これを記念し、日本初の飛行場として開設され、日本の航空史に大きな功績を残した「所澤飛行場」と同機をテーマに特別展を開催することとなりました。所沢ゆかりの飛行機を通じて、日本の飛行の原点とあゆみをご覧頂けます。

会期

  第一章 2019年8月10日(土)~2019年12月1日(日)
    ※一部展示替えにより実施する予定の「第二章」については、決定次第
     お知らせいたします。

場所

  所沢航空発祥記念館 展示室内 特別展会場
  (通常の展示館入館料のみでご覧頂けます)

内容

 日本で初めての動力飛行を1910(明治43)年12月に記録し、翌年の1911(明治44)年には日本初の飛行場であるここ、所沢飛行場の空を初めて飛んだ記念すべき飛行機「アンリ・ファルマン機」の実機展示が航空自衛隊からの貸与を受けて8月1日よりスタートしました。
 このアンリ・ファルマン機とほぼ時を同じくして産声を上げた「所澤飛行場」。今では飛行場の面影はほとんどありませんが、どのような役割を担った飛行場だったのでしょうか。また、同機を操った日本最初のパイロットでもある徳川好敏氏にもスポットを当て、アンリ・ファルマン機が飛んでいた、かつての所澤飛行場を実機と共に振り返ります。
 

主な展示

●アンリ・ファルマン機 実機展示コーナー
 ・実機展示・紹介
 ・アメリカより1960年に同機が返還された際の映像(埼玉ニュース)
 ・アンリ・ファルマン機と同じく所澤飛行場を飛んだフランス機紹介パネル
 ・アンリ・ファルマン機を最初に操ったパイロット、徳川好敏の紹介および
  同氏の当館収蔵資料公開

 
●所澤飛行場ものがたりコーナー
 ・所澤飛行場の歴史紹介パネル
 ・日本人初のパイロット、徳川好敏氏・日野熊蔵氏をモデルにした
  当館オリジナルクレイアニメーション「天まで届け」参考上映
 ・当館収蔵の徳川好敏大尉関連資料展示

 
●(同時開催)フランス航空教育団 来日100周年パネル展示

*「アンリ・ファルマン機」について*

 所沢の商店街の名称になったり、マンホールの蓋にイラストで描かれたり、さらには、当館最寄りの航空公園駅駅舎のデザインのモチーフにもなっている、この「アンリ・ファルマン機」。どのような飛行機だったのでしょうか。
 
 1910(明治43)年12月、まだ専用の飛行場すら完成していなかった日本では旧陸軍の演習場「代々木練兵場」(現在の東京・代々木公園周辺)を用いて飛行実験が実施され、徳川好敏大尉の操縦するフランスから輸入された「アンリ・ファルマン機(アンリ・ファルマン1910年型)」と、日野熊蔵大尉の操縦するドイツから輸入された「ハンス・グラーデ機(ハンス・グラーデ1910年型)」が共に日本初の動力飛行記録を樹立しました。
 それから4ヶ月後の1911(明治44)年4月、待ちに待った日本初の飛行場「所沢飛行場」が現在の埼玉県所沢市に開場します。ここ所沢での初飛行は徳川好敏大尉の操縦する「アンリ・ファルマン機」が高度10メートル、飛行距離800メートル、飛行時間1分20秒を記録。これを皮切りに所沢では操縦訓練、整備技術訓練、さらには飛行機の製作や開発に至るまで日本の航空技術中核を担うようになり、所沢から多くのパイロットや航空に関わる人々、そして技術が日本中に広がっていきました。そのため所沢は「日本の航空発祥の地」と呼ばれています。
 同機は引退した後も所沢で保管されてきましたが、第二次世界大戦後、太平洋を渡りアメリカで保管された時期を経て、1960(昭和35)年、日米修好100周年および日本の航空50周年を記念したジョンソン基地(現、航空自衛隊入間基地)での盛大な返還式のもと、ふたたび日本に帰還しました。
 時の航空幕僚長 源田実氏は、同機を青少年の教育に活かすべきと提案され、永らく東京・秋葉原の交通博物館で展示されましたが、2008(平成20)年に、同館が大宮の鉄道博物館にリニューアルされた折に、航空自衛隊入間基地の教育施設である修武台記念館に移設となり、保管・収蔵されてきました。
 
 このたび航空自衛隊、埼玉県、ならびにフランス航空教育団来日100周年記念事業実行委員会の協力と連携のもと、ゆかりである所沢へ里帰り展示が実現したものです。
 
     【主要諸元】※日本導入当初のもの
      ・形式: 1910年型アンリ・ファルマンⅢ(複葉複座敷)
      ・エンジン: グノーム50馬力 7気筒 星形回転式
      ・全幅: 10.5m (現在の展示機は10.8m)
      ・全長: 12.0m (現在の展示機は10.5m)
      ・重量: 約600㎏(推定)
      ・水平速度: 65㎞/h
      ・航続時間: 4時間
      ・製造国: フランス

●チラシをこちらからダウンロート頂けます。

ゴム動力飛行機工作教室/8月25日(日)

今回は記念館オリジナルのキット「つばめ」の製作をします。
当館のボランティアスタッフが一つ一つ部品を手作りしてくれたこのキット。
この工作教室でしか手に入りません。
さあ!飛ぶしくみを理解しながら楽しくつくって、航空公園の大空に飛ばしましょう!

●募集人数  30名(当日受付)

●開催時間  8月25日(日)13時30分~(製作時間 約1時間~1時間30分)

●受付開始  13時00分より当日受付
       ※ただし、多くの方が並ばれてしまった場合は
        この時間よりも早く受け付けを開始する場合が
        ございますのでご了承下さい。
       
●教材費   400円

●開催場所  当館1階研修室 

●もちもの  手ぶらでOKですが、そのままカバンにしまってしまうと
      せっかくつくった飛行機がくしゃくしゃになって飛ばなく
      なってしまいます。きれいに持って帰っていただけるよう、
      大きめなしっかりした箱をお持ち頂くことをおすすめします。

※特段年齢制限は設けておりませんが、
 お子様のみで参加の場合は小学校高学年以上。
 親御さんがお手伝いいただける場合は小学校低学年以上を推奨します。

ココリコ 田中直樹の 恐竜&アニマルトークショー

 今夏上映する大型映像館上映作品「ロビンソン・クルーソー」、また「新・恐竜大進撃」の連動イベントとして、大の動物好きとしても知られる、お笑いコンビ ココリコの田中直樹さんをお招きしてのトークショーを実施することになりました。事前の応募制となりますので、ぜひこの機会に大型映像をご覧頂き、どしどしご応募ください。


 

開催日時

2019年9月22日(日)

1回目:13:00 ~ 13:45

2回目:14:30 ~ 15:15

 

内容

 大の動物好きとしても知られる、お笑いコンビ ココリコの田中直樹さんによる恐竜&アニマルトークショー。今回は田中さんの他、専門家の先生として肉食爬虫類研究所の富田京一さんもお招きして、恐竜や動物の世界を楽しいトークでご紹介します。

 

応募用紙配布期間・応募受付期間

2019年7月2日(火)~ 2019年9月1日(日)

 

応募方法

上記応募期間中、当館で上映中の大型映像番組をご観覧いただいた方(※)に「応募用紙」をお配りします。応募用紙に必要事項を記入の上、館内に設置の応募ポストに期間内にご投函下さい。

当選者の発表は当選ハガキの発送をもってかえさせていただきます。

※映像館に個人で有料入館された方(招待券、パスポートチケット含む)が
 対象となります。
※入館料が免除となるお客様についても一般のお客様同様に有料でご入館頂いた場合
 は対象となります。

 

費用

トークショーへの参加は無料です。

 

注意事項

・1回目・2回目ともに、内容は同じプログラムとなります。希望の回の選択はできません。

・当選ハガキ1枚に対し、1名が入場できます。但し大人の方のお膝元でご覧頂く形で、
 大人1名に対し未就学児1名まで同伴いただけます。
  (その際未就学の方のお席のご用意はありません)

・グループやご家族ご一緒でご覧になりたい方は、応募ポストに投函する前に輪ゴムで
 束ねてから
投入してください。

・お席は抽選の際、こちらで指定させていただきます。(全席指定です)

・未就学児のみでの入場はできません。

・開催当日、大型映像館は10:20~(新・恐竜大進撃)および
 16:00~(ロビンソン・クルーソー)のみの上映となり、それ以外の回は中止となります。

SNS投稿キャンペーン 実施中!

 記念館に恐竜のトリックアート型フォトスポットが出現!

ただいま上映中の大型映像館上映作品の連動イベントとして「SNS投稿キャンペーン」を実施します! キミもオモシロい写真をSNSにアップして、限定オリジナルキャップ(または オリジナルポケットティッシュ)をGETしよう!!

 

参加方法

参加方法は4ステップ! 記念館ロビーに設置された恐竜のトリックアートパネルを使って、
オモシロいポーズで写真を撮ろう!

①大型映像館のチケットを買って作品を覧る!
(個人で有料入館された方が対象です)

②トリックアートの前でオモシロい写真を撮る!

③写真をSNS(Instagram Twitter Facebookなど)にハッシュタグをつけて投稿する!
#所沢航空発祥記念館
#大型映像館
#恐竜    などなど

④投稿した画像をスタッフに見せるだけ!

毎日先着50名様に記念館オリジナルキャップ(お子様のみ)または
ポケットティッシュをプレゼント!!


↑オリジナルキャップ
 

注意事項

・オリジナルキャップはお子様のみとさせていただきます。
・プレゼントはおひとりさまにつき1つまでとさせていただきます。
・投稿はお客様の責任においてご対応ください。
(操作方法やトラブルなどについて記念館では責任を負いかねます。)
・プレゼントは豊富にご用意しておりますが品切れとなり次第
キャンペーンは終了させて頂きます。
・その他詳しくは記念館スタッフまでお気軽におしらせください。

格納庫の公開

  

格納庫には、普段展示されていない十数機の実機やレプリカが格納されています。

次回の公開予定日

未定です。
   ★ 次回公開の目処が立ち次第本ページにてご案内いたします。 ★

※本スケジュールは都合により変更・中止となる場合があります。ご了承下さい。