ボランティアのご案内

記念館のボランティア(航空インストラクター)は、各人の実務経験や専門性を活かして、航空をキーワードに記念館とお客様をつなぐ航空コミュニケーターとして、以下の活動を行っています。

活動内容

グループ 活動内容
工作教室の講師 飛行機工作教室の指導に当たり、飛行原理を中心として知識の普及・啓発を図り、紙・ゴム動力飛行機の工作・飛行を通じて子ども達の航空に対する興味、関心、知的好奇心の醸成を図ります。
展示機の保守・管理・メンテナンス 展示館内および格納庫内に駐機している展示機観覧の支障や怪我等が生じないよう実機の保守を行い必要に応じてメンテナンスの助言を行います。
YS-11公開インストラクター YS-11の公開時に見学者の誘導、安全確保に努めるとともに質問への対応等、航空知識の普及・啓発を図ります。年7回程度
格納庫公開インストラクター 格納庫の公開時のコックピット登場体験での見学者の誘導や安全確保に努めるとともに質問への対応等、航空知識の普及・啓発を図ります。年5回程度
展示解説員 国内外を問わず記念館を訪れる団体客に同行し展示解説を行います。また、記念館の運営に関する外国人とのコミュニケーションを図るための通訳も行います。
アウトリーチ活動(館外活動) 小学校等からの依頼により現地におもむき、飛行機工作教室や講演会の講師などを務め、子ども達の航空に対する興味、関心、知的好奇心の醸成や航空知識の普及・啓発を図ります。
広報活動 記念館からの依頼により記念館ホームページやFACEBOOK等に掲載する原稿や写真を作成、提供します。
そ の 他 グループを問わず、記念館の催し物の運営に協力いただくこともあります。
例)展示機のコックピット搭乗体験補助等

 

登録等に関する諸条件

応募資格 (1)18歳以上(高校生は除く)
(2)健康な方
(3)航空機が好きな方
(4)ボランティア間やお客様に対しコミュニケーションがとれる方
(5)記念館の運営計画に合わせて活動できる方
処  遇 (1)ボランティアは自由に記念館に入館できます
(2)記念館内の休憩、昼食、作業用のボランティア室を利用できます
(3)ボランティア証を発行します
(3)スタッフジャンバーおよび帽子を貸与します
(4)ボランティア活動に伴う報酬・交通費などの支給はありません
(5)活動時間がほぼ1日に渡りかつ本人が希望した場合は昼食を支給します
保  障 記念館の費用負担でボランティア保険に加入いただきます。
募集・審査 以下の問い合わせ先までお問い合わせ下さい。
※ただし、許容人数に達した場合は募集を停止いたします
※書類審査、面接により登録可否を決定いたします

 

問合せ先

電話にてお問合せください。【現在新規の募集は行っておりません】
所沢航空発祥記念館 運営グループ
TEL: 04-2996-2225